Q&A

不動産の登記

 
  • Q.先日、商売をしていた父が、亡くなりました。父の死後、書類を整理していると、父宛の請求書等が多数見つかり、父に総額2,000万円程の借金があったことが分かりました。私は、父の借金を払わなければならないのでしょうか。
 相続人は、相続開始の時から、被相続人(亡くなった人)の財産に属した一切の権利義務を承継します。従って、土地・建物や預貯金等プラスの財産だけでなく、借金等マイナスの財産も、相続人に受け継がれることになります。しかしそれでは、相続人は、自分の意思とは無関係に負債を負わされることになってしまいます。そこで、相続人を保護するために、被相続人のプラスの財産も借金等のマイナス財産も一切受け継がないとする「相続放棄」という制度が設けられています。

 また、親の資産と借金のどちらが多いか分からない場合は、プラス財産の限度で借金等マイナス財産を受け継ぐ「限定承認」という手続をとることもできます。

 相続放棄及び限定承認は、いずれも、相続人が自己のために相続開始の事実を知った時から3か月以内(これを「熟慮期間」と言います。)に家庭裁判所に対して申述することによって行うことができます。

 この熟慮期間内に、相続放棄又は限定承認の手続きをとらなかった場合は、原則、被相続人のプラスの財産や借金等のマイナス財産を全て受け継ぐことになります。この期間内に相続人が態度を決められない特別な事情がある場合は、家庭裁判所に申し立てることによって、期間を伸ばしてもらうこともできます。
  • 元ページへ戻る

同じジャンルのQ&Aの内容を見る

 
Q. マイホームを購入することになりました。名義変更にはどんな手続が必要ですか。
Q. マイホームを住宅ローンを借りて、購入することになりました。住宅ローンを借りたときは、どんな手続が必要ですか。
Q. 古い建物を取り壊し、新しく建物を建てました。どのような手続が必要ですか。
Q. 私の自宅を子どもにあげようと考えています。どのようなことに注意しなければなりませんか?
Q. 先日、住宅ローンを完済し、銀行から抵当権抹消のための書類が送られてきました。どのようにしたらよいのか、教えてください。
Q. 父が亡くなりました。父名義の不動産があります。相続登記はいつまでにしなければならないのでしょうか。
Q. 何代か前から名義を変えず、ずっとそのままにしてある不動産があるのですが。
Q. 父が亡くなったため、私が現在住んでいる父名義の不動産を私の名義にしたいと考えています。同居する母と結婚した妹は同意してくれたのですが、弟は15年前に家を出て行き、今は連絡先も分かりません。弟と連絡がとれない限り、父から私への名義変更はすることはできないのでしょうか。
Q. 先日、商売をしていた父が、亡くなりました。父の死後、書類を整理していると、父宛の請求書等が多数見つかり、父に総額2,000万円程の借金があったことが分かりました。私は、父の借金を払わなければならないのでしょうか。
Q. 私たち夫婦には子どもがいません。子どもがいない場合は遺言書を作っておいた方が良いと聞いたのですが、どうすれば良いでしょうか?私(夫)の父母はすでに他界していますが、姉と弟がいます。
Q. 先日、夫が死亡しましたが、「この不動産は妻に相続させる。」という公正証書遺言を書いていました。子どもは一人います。どのような手続になりますか。
Q. 叔父が「この不動産は甥に遺贈する。」という遺言を残して亡くなりました。叔父の妻はすでに死亡しており、子どもが一人います。この場合どのような手続になりますか。
Q. マイホームを売却して、残っている住宅ローンを返済することにしました。どんな手続が必要ですか。
Q. 10年前に住宅ローンで購入した新築マンションですが、現在オーバーローンでも売却できますか。
Q. マイホームを売却するのですが、登記事項証明書(登記簿謄本)に記載されている住所が、現在の住所と違うのですが、どんな手続が必要ですか?
Q. 地番・家屋番号というのは住所とは違うのですか。
Q. 土地・建物の権利の状態を知りたい場合はどうすればよいですか?

  • ページトップへ
  • 元ページへ戻る