HOME > Q&A > 民事のトラブルについての法律相談

民事のトラブルについての法律相談

Q. 今朝会社に行くと「明日からもう来なくてよい」と解雇されてしまいました。こんなこと許されるのですか?

A.

 使用者は、労働者に就業規則等に反する重大な違反があったこと、労働者が労働能力を欠いていること、就業に適さないこと等、または事業経営上、業績が急激に著しく悪化したこと等、客観的に合理的な理由を有し、社会通念上相当であると認められる場合に限り、解雇をすることができます。
 また、合理的な理由があっても30日以上前に解雇予告をしなければなりません。不当な解雇をされた場合には、労働基準監督署に相談し、使用者に対する行政指導を求めたり、民事調停や民事裁判で労働契約上の地位確認の訴えを起こし、勝訴判決を得た場合には引き続き働くことができます。

元のページに戻る

同じジャンルのQ&Aの内容を見る

元のページに戻る