HOME > Q&A > 裁判所・検察庁に提出する書類の作成

裁判所・検察庁に提出する書類の作成

Q. 「おまとめローン」で借金を一つにまとめてみませんか?という内容の広告をよく目にします。本当に借金の返済はラクになるのでしょうか?

A.

 確かに、消費者金融等の利率と比べ低金利となるので、毎月の返済額が少なくなり、ラクになりそうですが、「おまとめローン」には、次のような注意が必要です。

 現在負っている債務の約定利息が、消費者金融等のように利息制限法所定の制限利率(年15%~年20%)を超えている場合は、今までの支払済み利息を制限利率に引き直すと、債務残高が縮減されます。

 場合によっては、長年にわたり制限利率を超えた利息を消費者金融等に払い続けてきた結果、既に元本も消滅して、いわゆる「過払い」になっているケースもあります。

 そのような場合に、「おまとめローン」で新たな借入をしたお金で、消費者金融等の借金を一括弁済してしまえば、法律上、支払義務のない利息の支払をすることになります。特に、前記のような「過払い」のケースは、債務が消滅していますから、借りる必要のなかった「おまとめローン」を借りることで、新たな借金をして支払い続ける結果となります。

 TV等で宣伝していますが、一般消費者は、契約する前に注意しないと不利益を被ることがあります。

 注意のポイントは、現在の借金が制限利息を超えているか、それまでに制限利率を超えていた時期があったかということです。もし、現在の借入先が消費者金融、クレジット会社を問わず、借入当初の利率が20%を超えていれば、専門家に相談しましょう。

元のページに戻る

同じジャンルのQ&Aの内容を見る

元のページに戻る